シェアハウス内でチヤ(ネパール風ミルクティー)を振る舞ってみました

みなさん、こんにちは!ARDEN津田沼住民のRieです!今回は、このブログで以前にご紹介した輸入食品店「キッチンスパイス」さんで買った材料を使い、チヤ(ネパール風ミルクティー)を作った時のお話をしたいと思います!

↓キッチンスパイスさんについての記事はこちら

材料

イオンの値引きシールが目立ちますね(笑)

キッチンスパイスさんで買ってきた「TOKLA TEA(ネパール紅茶:税抜420円)」と「カジュリパフ(ネパールのお菓子?:税抜400円)」に、近くのイオンで買ってきた牛乳とクローブ(スパイス)、それから写真に入れるのを忘れましたが、お砂糖を用意しました!

↓近くのイオンについてはこちら

いざ、調理!

適量の茶葉とクローブ、お湯を鍋に入れ、火にかけます。
煮立ったら弱火にしてそのまま2分ほど煮出した後、お砂糖と牛乳を加えて沸騰させないように温めます。
お湯と牛乳の比率はおよそ1:3、かなり牛乳が多めです!

充分に温まったら、茶こしなどで濾しながら器に移していきます。
うっかり零してしまわないよう、ちょっと神経を使います(笑)

完成!!

完成したチヤが写真右側です!
“煮出し”と書いてあって最初は身構えましたが、作ってみると思ったより簡単にそれっぽい飲み物ができましたo(^▽^)o

クローブの香りがほんのりと漂い、とっても良い香りがします♪
紅茶の風味はかなりはっきりとしていて、スパイス類や多めのミルクを加えても全然負けていません!

海外出身のハウスメイトもいるので、英語のメッセージを付けてみました(慣れない)!
なおARDEN津田沼では無料の英会話アクティビティも実施しています。

せっかく沢山作ったので、ハウスメイトにも振る舞いました♪o(^▽^)oけっこう喜ばれたので嬉しかったです♪
本家ネパールにはみんなでチヤを飲みながら会話を楽しむ習慣があるみたいですね。
今はコロナもあるので、そこまではできなかったですが(^o^;

カジュリパフは甘味のないパイのような感じのお菓子でした。
そのまま食べてもバターの風味が美味しいです♪が、なるほど、甘いチヤに浸して食べるととっても合います!!
(店内の貼り紙にも、おすすめの食べ方として書いてありました)
サクサクと軽い食感ですが、意外とお腹にたまります。

色んな食べ物とかをシェアできるのも、シェアハウスの楽しいところのひとつですね♪
↓入居に興味を持たれた方はこちらからどうぞ!

Rieより

Follow me!